TOP > フラダンスについて > ハワイでフラを踊った「おばまガールズ」とは

ハワイでフラを踊った「おばまガールズ」とは

初心者がフラダンス教室へ通う前に
DVDを見ながら自宅で本格派を学ぶ。フィットネス効果も。

フラダンス ドレス
本格的なフラダンス用のワンピースを手頃な価格で

ハワイアン 雑貨・インテリア 通販
本場ハワイの家具、クロス、キッチン用品

フラダンス Tシャツ
キッズサイズから大きいサイズまで

 フラダンスを踊った「おばまガールズ」って覚えていますか。

 2008年のアメリカ大統領選挙は共和党のマケイン候補と民主党のバラク・オバマ候補の戦いになり、オバマ氏が勝利しました。

 この大統領選の最中に、福井県小浜市(おばまし)の市民が「オバマ候補を勝手に応援する会」を結成したというニュースが流れました。

 入会した人には会員証として会員Tシャツをくれたそうです。

 さらに、この「オバマ候補を勝手に応援する会」のメンバーら18人が「フラガール」ならぬ「おばまガールズ」を結成し、バラク・オバマ氏の故郷であるハワイ州で開かれる「まつりインハワイ」に出場するという事件まで起こりました。

 小浜市のフラダンサーなので、「オバマ・ガールズ」ではなく、「おばまガールズ」なんですね。

 当日は、小浜市の市役所前で出発式が開かれた後、彼女たちがハワイの衣装を着てフラダンスを披露しました。

 出発式には、なんと村上利夫市長も登場し、ホノルル市長あての親書を「オバマ・ガールズ」に託して一行を見送りました。

 この「まつりインハワイ」では、環太平洋地域の伝統芸能などが披露されたのですが、長崎県雲仙市の小浜温泉からも、小浜太鼓が参加したそうです。

 バウスカートとレイを身に着けて踊った「おばまガールズ」のフラダンスは、今でもユーチューブ(YouTube)などの動画サイトで見ることができます。